✱ 「辞めさせる」だけなら簡単ですが・・・

こんばんは、徳島の社会保険労務士 杉本です。



今日は建国記念日!比較的気温も高く、久しぶりにのんびりした一日でした~晴れ


と思っていたら!夕方、顧問先からお電話。。。。


お話を聴いてみると、前から問題を抱えていたスタッフの事で、社内がゴタゴタと不穏な空気になっていて、経営者として、もうどうしていいか、まったく分からない、という悩みのご相談でした。


このようなご相談にどう答えるか・・・・・・


社労士的なアドバイスとしては、


「再三にわたる問題行動、これはハッキリとビシッと辞めさせましょう!」


と言ってしまう方が、実は、簡単なんです。

もちろん、辞めてもらうにしても、色んな諸問題はクリアしなければなりませんが・・・・・。


ただ、現実問題としては、

・残ったスタッフ間に、今回の件でわだかまりや不満を残したくない

・辞めさせるにしても、納得して辞めてほしい

・辞めたくないというスタッフを切り捨てるのは、経営者としてこの判断で良いか決断がつかない

・今後は、気持ちよくスタッフに働いてもらえる職場にしたい


など、たくさんの問題が残ります。


経営の最終目的は、「社員を育て、それで業績を上げ、利益を出していくこと」であって、「問題社員は辞めさせればいい」といった簡単な事だけやってて達成できるものではありません。


今日のご相談では、経営者から事情を充分ヒアリングした上で、「全員が納得いく形で結論が出る場を設ける」といった話で終わりました。

全体会議をして、問題のスタッフを含めて、みんなで合意形成できる場を設けることになりそうです。もちろん、私も会議には参加します。ファシリテーターとして、全員の意見をくみ上げていきます。


こう書くと、「従業員に優しい社労士さん?」と思われそうですが、

解雇をアドバイスするケースも多々あります。


ルールに則って、辞めさせるべき人をそのままにしておくことで、職場のモチベーション低下、業績低下を招くこともありますから・・・・・。


※ お客様によっては、「先生、厳しいねぇ~」と言われることも多々あります目



まぁ、私が優しい人厳しい人かは別として(笑)、

人の問題って、法律で簡単に割り切れるものじゃあありません。


こういう問題に、深く関わっていく社労士でありたいなと思った一日でした。




フィオレ社会保険労務士事務所

 徳島県の就業規則・助成金から雇用相談まで丸ごとご相談ください。

  http://www.fiore-sr.com/


とくしま障害年金相談net

 徳島県で障害年金のことなら、ぜひご相談ください。 

 着手金無料、完全成功報酬で安心です。

  http://tokushima-nenkin.net/

















未分類

トップページへ戻る

フィオレ社会保険労務士事務所

就業規則の作成、改訂労働・社会保険に関する手続き起業支援セミナー・講習会の開催
よくあるご質問事務所案内料金表お問い合わせリンクサイトマップ代表者ご挨拶