✱ 必要な時に、必要なタイミングでホウレンソウ♪

こんにちは、徳島の社会保険労務士 杉本です。


人事評価のお話になると、必ずといって出てくる「ホウレンソウ」


社会人になって、まず最初に教えられる事柄です。


当然、人事評価の基準に入れたいという会社も多いのですが・・・・


「ホウレンソウがきちんとできている」 かどうかって、かるようで、分からない(笑)



少し前ですが、とある経営者様からのご相談は「若手社員がホウレンソウをきちんとしてくれない」という内容でした。


そこでまずは、経営者にお尋ねしました。


「なぜホウレンソウが必要だと思うのでしょうか?」


これ大事なポイントです。社員に「ホウレンソウしなさい」という前に、なぜ必要なのかの洗い出しをしました。


そうすると、「あそこの会社に営業に行くと前もって分かっていたら、いろいろアドバイスや指示が出せるし、自分の気持ち的にも心構えができるから」


この会社では、若手社員に営業の仕事を教え始めたばかりだったのです。社長は、営業に出かける社員が心配で心配で。。。

社長のお気持ちすごくわかります。


つまり、社長が一番して欲しいのは、営業の仕事に出かける時の事前の連絡なのね!ということが分かりました。


こんな感じで、ホウレンソウして欲しい内容を具体化しました。


①どんな時に(前?後?)

②どんなタイミング・方法で(直接?メール?)

③誰にホウレンソウするのか(上司?社長?その辺の人?)


ということを、細かくルール化しました。


全てをホウレンソウする必要は無いのです。


必要な時に、必要なタイミングでホウレンソウ♪


長年勤めている社員さんであれば、ルール化しなくてもできるかもしれません。でも、若手社員はそれが分からないし、なんだか気を使ってできない人もいるのです。


それを、「ホウレンソウもできないなんて!」と責めては可哀想ですし、人は成長しません。


きちんとした評価制度を作ることは、「社員を育てる」ことにもつながるのです。


私は、人事評価の一番の目的は「社員を育てる」ことにあると思っています。




フィオレ社会保険労務士事務所
 徳島県の就業規則・人事評価作成支援・採用などご相談ください。
  http://www.fiore-sr.com/







未分類

トップページへ戻る

フィオレ社会保険労務士事務所

就業規則の作成、改訂労働・社会保険に関する手続き起業支援セミナー・講習会の開催
よくあるご質問事務所案内料金表お問い合わせリンクサイトマップ代表者ご挨拶